• 湯川村ヨンヨンプロジェクト
  • ホームへ戻る
  • 4km四方の小さな村にぎゅっと詰まった魅力を発信します
  • プロジェクトについて
  • リンク
湯川村の風景

湯川村ヨンヨンプロジェクト
について

about yonyon project

福島県、会津。
湯川村は喜多方市や会津若松市に囲まれた、
ちょうどいい位置にあります。

四季折々の表情を見せる自然、
情の厚い人々、
元気な子どもたち、
土地と人の結びつき、
回り道をしないで届く野菜の鮮度。

ここには「贅沢な日常」があり、
4km四方の小さな村にそれらがぎゅっと詰まっています。

村の人々や文化、季節や作物の魅力を、
全国のみなさまに感じ取っていただきたい。
湯川村ヨンヨンプロジェクトにはそんな思いが込められています。

湯川村について

about yugawa village

勝常寺 勝常寺 勝常寺

勝常寺

807年、法相宗の碩学徳一上人によって開かれた東北を代表する古刹です。平成8年には、木造薬師如来と両脇侍像が国宝の指定を受けました。また、国の重要文化財に指定を受けているものに、元講堂(通称 会津中央薬師堂)と仏像9躯があり、平安初期の仏像が一箇所にこれだけ多く保存されているのは東北でも珍しいそうです。

会津湯川米 会津湯川米 会津湯川米

会津湯川米

湯川村は米作りが盛んな村で、粘り・艶・食味に優れた米はふるさと納税で全国各地から2億円を超える寄附をいただくなど、高く評価されており、米どころとして知られています。食味ランキングでは最大の評価である特A評価を獲得。一反あたりの収穫量は県内一で、減農薬・減化学肥料での栽培にも力を入れています。

道の駅あいづ湯川・会津坂下 道の駅あいづ湯川・会津坂下 道の駅あいづ湯川・会津坂下

道の駅あいづ
 湯川・会津坂下

湯川村と会津坂下町共同で設置した、年間100万人以上が訪れる道の駅です。地元で採れた新鮮な野菜等を販売する農産物マーケット、選りすぐりの特産品を取り揃える物産館のほか、会議等で利用可能な交流促進施設や、遊具等が設置されている河川そばの多目的広場等があります。様々なイベント会場としても利用されています。

ゆがわまいちゃん

ゆがわまいちゃん

茶碗に盛られたごはんをイメージして作られた湯川村のキャラクター。
あわてんぼうで食いしん坊な女の子。
頭に付けたご飯粒がチャームポイント。8月18日生まれ。

福島県の地図

電車でのアクセス 電車でのアクセス 車でのアクセス 車でのアクセス
人 口
面 積
標 高
 
 
 
3,108人(平成30年8月1日現在)
16.37㎢(県内最小面積)
約180m(山がない村)
村の花
村の木
村の鳥
 
 
 
あじさい
いちょう
かっこう